金氏高麗人参のなぞ

手間暇がかかって使われる高麗人参

高麗人参はすぐに使えるわけじゃない

金氏高麗人参株式会社で販売されている神秘の健康力は、紅参という高麗人参を使ってつくられている健康食品です。紅参は高麗人参の中でも最高級品といわれており、有用成分も多く含んでいるといわれています。しかも、高麗人参というのは、有用成分が多く含まれているものを収穫するためには、4年以上の年月が必要となります。

高麗人参は、種まきしてから1年で実を結びますが、3年根までは有用成分が少なく不安定な状態です。そのため、高麗人参として収穫されるのは4年根以降のものとなっています。そういったことから考えると、種まきを行ってから収穫することができるようになるまで、4年から6年の年月がかかるので、高麗人参はすぐにたくさんの良いものをつくることができるわけではありません。

手間暇もかかる

さらに、高麗人参はどんな土地でもつくることができるわけではありません。自生している高麗人参は、アジアの極東だけです。高温多湿を嫌い、涼しく乾いた気候の土地でないと、高麗人参は育ちません。そのため、年間降水量が1200ミリメートル前後で、雪も降りにくいという限られた地域でしか、高麗人参を育てることができません。

高麗人参を栽培している間は、雑草をこまめに取り除く必要があるといわれています。そして、日よけや風通しを調整しなければならないので、目を離すことができません。高麗人参の栽培においてすごいのが、高麗人参を収穫した畑では、10年先まで草が生えにくくなるということです。それだけ、高麗人参は土の中にある栄養分を吸収してしまうということです。

お年寄りに限定されない

高麗人参を摂取して健康を取り戻すなんていうと、お年寄りが摂取するものであるとイメージしがちですが、高麗人参は美容に良いことでも有名です。そのため、若い人でも高麗人参を摂取することによって、より若々しく健康的な生活を送ることができるようになります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ PAGE TOP